読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滋賀県で乳癌検診できる安心・安全おすすめのクリニックはここ!

近江八幡市、草津、守山、彦根など滋賀県内で乳がんの検診が出来るおすすめのクリニックや病院を紹介しています。そのほか乳がんについてのしこりの痛みや大きさなど詳細も解説。若年性乳がんが増える中30代、40代の女性は定期的な検診が必要な理由などまとめています。

乳癌は転移しやすい?今すぐできる防止策は

乳がんの症状や治療について

 乳癌転移しやすい事で有名な癌の一種です。そのために早期発見が一番なのですが、乳癌の治療後に転移の防止策はあるのか見ていきましょう。

乳がんの転移防止策はある?

癌細胞は、リンパ液や血液にのってさまざまな体内箇所に移動をします。そして、移動先の臓器などでもいろいろないたずらをして健康被害をもたらします。特に、乳癌に関しては、乳がんが発生する乳管と脇の下のリンパ節は近いため、簡単に転移しやすいのが特徴です。

このため、たとえ初期段階で発見ができて治癒ができたとしても、その後の経過観察が非常に大切で、しばらくは転移がないかどうかを心配する必要があります。そして、これ以上再発しないように普段の生活に十分気を付ける必要があります。では、癌細胞転移防止のために、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。

 

乳癌でもストレスを溜めずにいつでも笑える環境作りを! 

ストレスは癌細胞の好物です。ストレスを感じることで乳癌を取った後でも体内の活性酸素は増え続け、その結果癌細胞が増殖します。また、体内で癌細胞が発生した時には、キラー細胞という癌細胞をやっつけてくれる免疫細胞が働きますが、体が極度のストレスを感じている時には、キラー細胞は出にくくなります。ですから癌細胞の再発や転移を予防するなら、ストレスをためないことはとても大切なのです。また、よく笑うことでも癌細胞が減少するというデータも出ていて、病院によっては笑いをがん治療に取り入れているところもあるほど笑うことは癌の再発防止に役立つと言われています。

 

癌細胞を予防する食生活も大切! 

乳癌を患った方の統計を取ってみると、野菜を多く摂っている方はそうでない方に比べて乳癌の再発率、転移率が低いということが判明しています。

野菜の摂取と癌の病後を調べた結果、野菜をたくさん食べた患者は、33カ月間の生存期間だったのに対し、野菜嫌いの患者は、18カ月の生存期間でした。これは、野菜に含まれる抗酸化作用が結果につながっているといわれています。

このことから分かるように、野菜は癌を克服するためにとても有効です。積極的に摂ることをおすすめします。このほかにも免疫力を高めると言われる食品はたくさんあります。普段の食生活でそうしたものをキチンを摂ることが再発防止には非常に有効です。