滋賀県で乳癌検診できる安心・安全おすすめのクリニックはここ!

近江八幡市、草津、守山、彦根など滋賀県内で乳がんの検診が出来るおすすめのクリニックや病院を紹介しています。そのほか乳がんについてのしこりの痛みや大きさなど詳細も解説。若年性乳がんが増える中30代、40代の女性は定期的な検診が必要な理由などまとめています。

乳癌が転移してしまった?そうなる前に再加入できる保険は?

ここでは乳癌の保険についてまとめてみました。乳癌と診断されたあと、5年後、10年後に転移と診断される前に、万が一の治療費に備えて保険に再加入することは可能なのでしょうか?

乳癌が転移?再加入はできるの?

癌は日本における死亡原因第一位の病気です。特に乳癌は、女性が最もなりやすい大変恐ろしい病気です。医学の進歩にともない、以前に比べては根治しやすくもなっていますが、それでも転移や再発の恐れからは免れることができません。このため、一度乳癌になった人は、終身保険や医療保険には再加入しづらくなっているのです。

 

こうしたなか、最近、各保険会社で商品化をしていて話題となっているのが、引受基準緩和型保険です。これは、一般的な保険商品よりも引き受けの基準が緩くなっていて、加入時の審査項目も非常に簡単なため、以前病気を患った方でも再加入しやすくなっているのが特徴です。

具体的な審査内容は、

『過去3カ月以内に入院・手術を勧められていないか?』

『過去2年もしくは1年以内の入院・手術はないか?』

『過去5年以内にガンと診断されていないか?』

などの簡単な内容で審査項目も多くて5項目程度となります。

 

そしてこのすべての項目が『いいえ』の答えであれば、保険に申し込めるのです。ですので、以前乳がんになった方でも、治療を終えてから一定期間、再発や転移がなければ医療保険への加入ができる可能性が高くなります。

ただし、各保険会社によって審査項目や審査基準は異なるため、ある保険会社の引受基準緩和型保険には加入できるのに、ある保険会社の引受基準緩和型保険には加入できなかったという結果になることもあります。

乳癌の治療後は治療費が高くなるが再加入しておくべき

最近は、乳癌の保険加入も顧客の囲い込み競争に負けまいと引受基準緩和型保険を取り扱う会社も増えてきているので、複数の保険会社をじっくり比較して検討すると良いでしょう。

ただし、引受基準緩和型保険は、通常の保険に比べると加入しやすい分、保険料が割増しになったり、加入してから1年間は入院や手術費用などが半額に削減されてしまうなどの条件が付き物です。

 

このため、少しでも損をしないために保険のシュミレーションをおこなったり、各保険会社に問い合わせをしたりしてよく調べることが必要になります。

少しでも治療費の負担が抑えられるように、乳癌が万が一転移や再発した時のことも現実としてしっかりと考えておくべきです。