滋賀県で乳癌検診できる安心・安全おすすめのクリニックはここ!

近江八幡市、草津、守山、彦根など滋賀県内で乳がんの検診が出来るおすすめのクリニックや病院を紹介しています。そのほか乳がんについてのしこりの痛みや大きさなど詳細も解説。若年性乳がんが増える中30代、40代の女性は定期的な検診が必要な理由などまとめています。

安く受けたい!滋賀県の乳癌検診は国の補助が何歳からでるの?

近江八幡だけでなく滋賀県では、癌の早期発見に対する取り組み『滋賀県がん対策推進計画』をおこなっています。この計画では、市町のがん検診受診率を50%まで引き上げることを目標としていて、その一環で乳癌検診の補助制度もおこなっています。

 

滋賀県の市町で乳癌検診の補助を受けられるのは何歳から?

滋賀県の市町で乳癌検診の補助を受けられるのは、40歳からです。検査内容は、2年に1度、問診と触診及び、マンモグラフィ(乳房エックス線検査)となります。

 

ただし、検診の時期や細かい対象については各市町ごとに異なるので、自治体ごとの詳細を知りたいのであれば各行政機関に問い合わせるとよいでしょう。 

 

一般的に、乳癌に限らずほかの癌検査でも、癌が確認される以前の検査は保険適用外になるのが普通です。乳癌検査は内容にもよりますが、触診検査とオーソドックスなマンモグラフィ検査をおこなった場合には、7,000円程度となります。

 

これが自己負担となるわけですからかなりの出費になりますね。がんは早期発見が大切ということは知っていても、検診費用のことを考える消極的になってしまうのも理解できます。 

 

そこで、市町が実施している検診を是非利用して欲しいのです。

 

市町が実施している検査を利用すれば無料もしくは少額の自己負担で受けられるのでこれを利用しない手はありませんね。乳癌は、早期発見をすることがとても大切です。早期発見(ステージ0)の癌では、生存率が95%以上と高く、根治率も上がっています。

 

せっかくの国の補助制度ですから、積極的に利用していつまでも健康でいたいですね。