読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滋賀県で乳癌検診できる安心・安全おすすめのクリニックはここ!

近江八幡市、草津、守山、彦根など滋賀県内で乳がんの検診が出来るおすすめのクリニックや病院を紹介しています。そのほか乳がんについてのしこりの痛みや大きさなど詳細も解説。若年性乳がんが増える中30代、40代の女性は定期的な検診が必要な理由などまとめています。

乳癌は転移しやすい?今すぐできる防止策は

 乳癌転移しやすい事で有名な癌の一種です。そのために早期発見が一番なのですが、乳癌の治療後に転移の防止策はあるのか見ていきましょう。

乳がんの転移防止策はある?

癌細胞は、リンパ液や血液にのってさまざまな体内箇所に移動をします。そして、移動先の臓器などでもいろいろないたずらをして健康被害をもたらします。特に、乳癌に関しては、乳がんが発生する乳管と脇の下のリンパ節は近いため、簡単に転移しやすいのが特徴です。

このため、たとえ初期段階で発見ができて治癒ができたとしても、その後の経過観察が非常に大切で、しばらくは転移がないかどうかを心配する必要があります。そして、これ以上再発しないように普段の生活に十分気を付ける必要があります。では、癌細胞転移防止のために、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか。

 

乳癌でもストレスを溜めずにいつでも笑える環境作りを! 

ストレスは癌細胞の好物です。ストレスを感じることで乳癌を取った後でも体内の活性酸素は増え続け、その結果癌細胞が増殖します。また、体内で癌細胞が発生した時には、キラー細胞という癌細胞をやっつけてくれる免疫細胞が働きますが、体が極度のストレスを感じている時には、キラー細胞は出にくくなります。ですから癌細胞の再発や転移を予防するなら、ストレスをためないことはとても大切なのです。また、よく笑うことでも癌細胞が減少するというデータも出ていて、病院によっては笑いをがん治療に取り入れているところもあるほど笑うことは癌の再発防止に役立つと言われています。

 

癌細胞を予防する食生活も大切! 

乳癌を患った方の統計を取ってみると、野菜を多く摂っている方はそうでない方に比べて乳癌の再発率、転移率が低いということが判明しています。

野菜の摂取と癌の病後を調べた結果、野菜をたくさん食べた患者は、33カ月間の生存期間だったのに対し、野菜嫌いの患者は、18カ月の生存期間でした。これは、野菜に含まれる抗酸化作用が結果につながっているといわれています。

このことから分かるように、野菜は癌を克服するためにとても有効です。積極的に摂ることをおすすめします。このほかにも免疫力を高めると言われる食品はたくさんあります。普段の食生活でそうしたものをキチンを摂ることが再発防止には非常に有効です。

乳がん防止を日ごろの食材で!免疫力を高める食べ物とは?

医療先進国と言われる日本においては、いかなる癌であっても早期発見である限り、高い確率で完治が可能と言われていますね。乳がんに関しても同じです。ここでは乳がん防止の食べ物、免疫力を高める食材についてまとめてみました。

乳癌の免疫力を高める食べ物で防止するのが一番!

むしろ、乳癌は日頃からセルフチェックも可能なため、自分で意識さえしていればほかの癌よりも簡単に初期段階で見つけることもできます。

しかし、本来は早期発見よりも何よりも癌にならないのが最も理想的ですね。癌を予防するためには、乳がん免疫力を高める食材を摂るのが良いと聞きますが、実際にはどのようなものを摂取すれば良いのでしょうか?

 

 乳がんの免疫力を高める主な食材3つ

では乳がんの免疫力を高め、予防や治療に役立つ有力な食材を3つ挙げてみます。

ぜひ日ごろの生活に取り入れてみてください。

 

◆野菜 

野菜にはさまざまな抗酸化成分や免疫力を高める栄養素が含まれているので毎日、積極的に食べたい食材です。なかでもビタミンCやB、E などを含む野菜には、体内で癌の素の活性酸素が発生したときにそれを退治する作用があるとして、癌の治療や予防に最適な食材として知られています。

特に、緑黄色野菜といわれるパプリカやピーマン、ニンジンなどには、ビタミン群のほかに、ポリフェノールなども多く含まれています。またアブラナ科の野菜(ブロッコリー・クレソン・キャベツなど)は、ガン予防成分で話題になっているイソチオシアネートが含まれています。

 

◆きのこ類 

きのこ類に含まれる成分、β(ベータ)グルカンは、免疫力を高めて癌を治すと言われ注目されています。βグルカンは、体内の免疫作用となるマクロファージやリンパ球を刺激して働きを高める作用があるため、積極的に摂取をすることで免疫力アップにつながるのです。

きのこ類全般にβグルカンは豊富に含まれますが、なかでも、エノキダケにはビタミンB1、B2のほかにEA6 というガン予防の効果が高い栄養素も含んでいるので毎日でも食べたい食材です。

 

◆大豆類 

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)と類似の働きをすると言われています。乳癌の発生の原因は、おおまかに言うと女性ホルモンのバランスの乱れから始まります。このため、女性ホルモンの分泌バランスを正常にサポートするエストロゲンを摂ることで乳癌になりにくい体になるのです。特に納豆には乳酸菌も多く、免疫力を高めるには最高の食材と言われています。

乳癌は免疫力低下が原因?免疫力とはいったい何?

乳癌に限らず、癌の始まりは体内の免疫力低下によるものと言われています。私たちの体には、さまざまな異物や体にとって毒となるものが体内に侵入もしくは発生しようとした時に、それを防御する免疫細胞が働き、さまざまな病気から体を守ってくれているのです。

そして、この免疫細胞の働きが何らかの要因で低下をしてしまうと、人間の体は病気やガンになりやすくなるのです。 

乳がんに打ち勝つ免疫力とは何か?

癌細胞に関して重要な役割を担う免疫細胞にNK(ナチュラルキラー)細胞があります。この細胞は、主に癌などの威力の強い細胞が体内に侵入していないかどうかをパトロールしているため、乳癌免疫力の主役と言っても過言ではありません。

ナチュラルキラーという名前の通り殺し屋を意味する細胞で、癌細胞に対する殺傷力も強いため、少量の癌細胞が発生したとしても普段は、このNK細胞が抹消してくれているのです。

ところが、加齢やストレス、活性酸素などが原因でNK細胞の働きが弱くなってしまうことがあります。このときに癌細胞が待ってましたと発生すると、体内はたちまち癌に侵されてしまうという結果になるのです。ですから、NK細胞を常に活性化させて免疫力を高めることが乳がんの予防そして、治療にも役立つと言われています。

乳癌に影響がある免疫細胞の種類 

冒頭でも上げたように乳がん免疫力を上げる免疫細胞には、マクロファージや樹状細胞、T細胞やB細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞などさまざまなタイプのものがあります。

普段はそれぞれが胸腺や膵臓、リンパ節、骨髄や小腸などで待機をしていますが、体内にウイルスや異物などが侵入してきたときには、お互いに力を合わせて働き、敵(ウイルスや癌細胞など)を倒し体の健康を守ってくれています。そして、体内のどこかに癌細胞が発生した時には、免疫細胞のマクロファージやNK細胞が速やかに感知して、乳癌をすぐにやっつけてくれるのです。

つまり、免疫力というのは、これらの免疫細胞が体内で正常に働くことを指しているのです。

乳癌が転移してしまった?そうなる前に再加入できる保険は?

ここでは乳癌の保険についてまとめてみました。乳癌と診断されたあと、5年後、10年後に転移と診断される前に、万が一の治療費に備えて保険に再加入することは可能なのでしょうか?

乳癌が転移?再加入はできるの?

癌は日本における死亡原因第一位の病気です。特に乳癌は、女性が最もなりやすい大変恐ろしい病気です。医学の進歩にともない、以前に比べては根治しやすくもなっていますが、それでも転移や再発の恐れからは免れることができません。このため、一度乳癌になった人は、終身保険や医療保険には再加入しづらくなっているのです。

 

こうしたなか、最近、各保険会社で商品化をしていて話題となっているのが、引受基準緩和型保険です。これは、一般的な保険商品よりも引き受けの基準が緩くなっていて、加入時の審査項目も非常に簡単なため、以前病気を患った方でも再加入しやすくなっているのが特徴です。

具体的な審査内容は、

『過去3カ月以内に入院・手術を勧められていないか?』

『過去2年もしくは1年以内の入院・手術はないか?』

『過去5年以内にガンと診断されていないか?』

などの簡単な内容で審査項目も多くて5項目程度となります。

 

そしてこのすべての項目が『いいえ』の答えであれば、保険に申し込めるのです。ですので、以前乳がんになった方でも、治療を終えてから一定期間、再発や転移がなければ医療保険への加入ができる可能性が高くなります。

ただし、各保険会社によって審査項目や審査基準は異なるため、ある保険会社の引受基準緩和型保険には加入できるのに、ある保険会社の引受基準緩和型保険には加入できなかったという結果になることもあります。

乳癌の治療後は治療費が高くなるが再加入しておくべき

最近は、乳癌の保険加入も顧客の囲い込み競争に負けまいと引受基準緩和型保険を取り扱う会社も増えてきているので、複数の保険会社をじっくり比較して検討すると良いでしょう。

ただし、引受基準緩和型保険は、通常の保険に比べると加入しやすい分、保険料が割増しになったり、加入してから1年間は入院や手術費用などが半額に削減されてしまうなどの条件が付き物です。

 

このため、少しでも損をしないために保険のシュミレーションをおこなったり、各保険会社に問い合わせをしたりしてよく調べることが必要になります。

少しでも治療費の負担が抑えられるように、乳癌が万が一転移や再発した時のことも現実としてしっかりと考えておくべきです。

近江八幡市で乳癌検診を受けるとき市から補助はある?

 今回は近江八幡市内で乳癌検診を受ける際に、市から出る補助金についてまとめてみました。

 f:id:happymeet:20160830064804j:plain

近江八幡市の乳癌検診の補助制度の価格や詳細は?

乳癌は自覚症状がないまま進行をしてしまい、気づかないうちに取り返しのつかないことになってしまう恐ろしい病気です。

 

このため、体に異変がなかったとしても検診を受け早期発見につなげることがとても大切なのです。女性に非常に見られる乳癌も同様です。

 

滋賀県近江八幡市では、乳癌検診をより多くの女性に受けてもらうためにさまざまな補助をおこなっているので、積極的に利用すると良いでしょう。

 

近江八幡市の乳癌補助制度は、同市に住民登録がある方40歳以上の女性であればどなたでも補助を受けられます。

 

2年ごとに検診を受けられるようになり、検診形式は集団検診と個人検診の2種類があります。

集団検診の場合には、40~49歳の方で自己負担2,000円程、50歳以上の方で自己負担1,500円程です。

個人検診の場合には、40~49歳の方は2200円程、50歳以上の方は1,600円程です。検診内容は、問診・視診・触診・マンモグラフィです。

 

全額自己負担で乳癌検診を受ける場合には、年齢や検査内容によって費用も異なりますが、さきほどの検診内容で40歳だとすると、1万円前後の出費になります。

 

乳癌に限らず、がん検診などは保険適用外ですから、なかなかまだ見つからないがんのために検診を受けるのは、金銭的に勇気がいることですね。

 

だからこそ、こうした自治体の制度を上手に利用して検診を受けていつまでも健康でいたいものですね。

 

 

私も近江八幡市民になって2年になりますが、今年になって始めて検診を受けました。これからも定期的に利用しようと思っています。

忙しい?近江八幡市で乳癌検診を夜受けれるところはある?

 乳がん検診は日中の診察時間内におこなわれるため、仕事の帰りや夜に検診を受けるのは難しいですね。

 

 

 近江八幡市にある土日でも行ける乳がん検診可能クリニックは?

乳がんの自己診断で、もしも胸に違和感のあるしこりを見つけた場合には、できるだけすぐに病院で健診を受けるべきですが、会社で働いているとなかなか言い出しにくい女性もいるのではないでしょうか?

 

そんな時、遅くまでやっている検診機関があれば良いのですが、残念ながら日本全国を探しても夜間の検診をおこなっている医療機関はほとんどないのが実情です。

そこで、多くの女性は土日を利用して乳がん検診をおこなっていると思いますが、近江八幡市にも土日に検診ができる医療機関があるので紹介しておきます。

 

■まつだクリニック

f:id:happymeet:20160726024517j:plain

〒523-0893 滋賀県近江八幡市桜宮町211−3 オオケイビル 1F 電話 748-33-2703

■休診日 木曜日・日曜日・祝祭日

 

診療日
午前9時〜午後1時 ×
午後4時〜午後7時 × × ×

 

こちらの病院は、休診日が木・日・祝となるため土曜日の午前中であれば乳癌検診が可能です。

 

最寄駅の近江八幡駅北口から徒歩10分程度の場所にある同院は、もともと整形外科からスタートとなったクリニックで少しずつ診療項目が増え、平成24年からは、マンモグラフィを使用した乳がん検診ができるようになりました。

 

さらに同院の医師は、日本乳癌学会所属であると同時にマンモグラフィ読影資格取得者のため、レベルの高い検診をおこなえることでも人気があります。

  

このほかにも乳癌検診を単独でおこなっている医療機関はいくつかありますが、カレンダー通りの診察のため、平日のみの検診です。

 

仕事が忙しく会社を休んだり、早退または遅刻をするのが難しいという場合には、まつだクリニックを利用してみると良いと思います。

近江八幡市で乳がん検診を受ける費用はどれくらいかかる?

女性の病気でとても深刻な乳がん。発生率は年々増加をしていて、ここ数年は女性の死亡理由の上位に必ず入っている病気です。ここでは近江八幡市で検査できる内容についてまとめてみました。

f:id:happymeet:20160708232922j:plain

そんな乳がんではありますが、多くの方が認識しているように、早期発見であれば生存率も根治率も非常に高くなります。

 

ただし、乳がんに限らずがんは、たとえ体の中に発生しても最初の頃は自覚症状がないため、知らないうちにどんどん進行してしまうので恐ろしい病気と言われています。そこで、大切になるのが、定期的ながん検診です。

 

たとえ体に異変がなかったとしても専門の検診を受けることで、体の中の癌細胞の早期発見につながるのです。とうぜん、早期発見であれば治療と費用の負担も少なくなります。

 

近江八幡市の乳がん検診の内容と費用は?

乳がん検診の種類 近江八幡市のいくつかの病院でも検診はおこなっていますが、その検診内容はどこでもほとんど同じです。

 

もっともポピュラーな検診内容は、マンモグラフィです。こちらは、乳房専用のレントゲン装置で、レントゲンを通してしこりの前のがんを発見できます。

 

現在のところ、乳がんの早期発見にもっとも有効なのがマンモグラフィと言われていて、40歳を過ぎた女性の多くは受けたことがある検診ではないでしょうか。このほか、超音波エコーやCT・MRI検査なども乳がん検診で用いることがあります。

 

近江八幡市での検診にかかる費用 乳がん検診は保険がきかないため基本的には全額自己負担となります。

 

具体的な費用は検診を受ける医療機関によっても異なるので一概には言えませんが、平均的には、マンモグラフィで5,000円程度、超音波エコーで3,500円程度、これに診察料なども加算されるので、かなりの出費にはなります。

 

ただし、近江八幡市では40歳以上の女性を対象に、マンモグラフィでの乳がん検診の補助制度をおこなっているので、該当する方でしたら積極的に利用すると良いでしょう。

 

市の制度を利用すれば40~50歳までの女性は、2,000円程度、50歳以上の女性は1,500円程度でマンモグラフィの検査ができます。申請方法や検診について詳しく知りたい際には、市のホームページで確認できるので一度覗いてみてください。